FC2ブログ
2009年05月03日 (日) 02時41分 | Edit |
1つ、どうしても言いたい事があったの忘れてた(汗)

素の時の多部さんと、つばさの時の多部さん。
やっぱり目が違うってことを今日実感しました。

つばさのの時の多部さんって結構丸い目をしていますよね?
素というかちょっと前の多部さんって、キリッとしてツンとした目なんですよね。

ただ単にメイクが違うだけかなぁと思ってたんですが、今日のイベントで両方の目を見ました。
ほとんど丸い目だったのに、最後の方はまるでエリ子のような目を見せてくれました。

あの目が大好きなんです。
ああ、まだあの多部さんは彼女の中にいるんだなと安心しました。

ごめんなさい、感覚的なことだと思うので、何言ってんのって思われた方、スルーしちゃって下さい(笑)
スポンサーサイト



2009年05月03日 (日) 01時20分 | Edit |
#3 『川越ぶらり旅』

▼13時47分。川越ガイドのバイシクル未華子さん(仮名)の案内でまず一行が向かったのはここです。
中華料理店
多部さんと共演した猫さんは、隣の広場でまったりしていたので撮らせてもらえませんでした。
ギャランティとしてなにかあげないとだめなんでしょうか・・・。

▼14時5分。それから時の鐘の前を通り、タイトルバックで登場するここへ。
ロケ地1
偶然なのか、ケースの数が全く同じ気がします。
中身のビンの本数は違いますけどね。

▼14時11分。続いて同じくタイトルバックの場所。
ロケ地2
ちょっと解り辛いかもしれませんが、右側に朱色と緑色の「処方せん」看板がある場所です。

▼それから先週の整理券配布の日にお世話になった「VANITOY BAGEL」へ向かいましたが、混んでいた事と、お世話になったお姉さんがいなかった事と、コーヒーベーグルがなかったので(嘘)、別の喫茶店にでも行こうということになり、蔵造りの町並みを南下し、仲町交差点を右折→右折してバイシクル未華子さん(仮名)のオススメのお店「CAFFE ESAGONO」へ行きました。
カフェ
ここで結構おしゃべりしました。出てきたのは16時20分。2時間くらい。

▼それから、うちの妻だけ諸事情により先に帰宅することとなり、本川越駅へ向かいます。

▼16時47分。5人となった一行は再度鏡山酒造跡地へ戻り、先程ゆっくり見れていなかったつばさ展を拝見しました。

▼17時5分。甘茶さんが用事があるため離脱し、4人となった一行は喜多院及へ行き、五百羅漢を外から拝見しました。

▼17時39分。多部さんも佐内さんもお気に入りの東照宮の階段へ到着。
東照宮
写真集を持った先客がいましたが、時間も時間なので基本ガラガラです。
桜の季節にもう一度来てみたいですね。すごく綺麗だと思います。

そうして川越駅・本川越駅・自転車と3つに別れ、トークイベント in 鏡山酒造跡地は終了しました。


こうやって1日中、皆と多部さんの後を辿っていくのは本当に楽しいです。
これから雑誌・イベントとほとんど予定が未定なので、さてどうしたもんかと悩んでしまいそうですが、きっと多部さんのことですから、また急にイベント告知してくれると信じてます(笑)
あまり急な告知は困りますが・・・。

最後にタマカンさんへ。
タマカンさんから頂いた扇子
ありがとう!!!
2009年05月03日 (日) 00時28分 | Edit |
#2 『トークイベント』

ホワイト餃子とラーメンを堪能した一行は鏡山酒造跡地に戻り、つばさ展を軽く見たりして12時20分を待ちます。
入口前で受付している『報道受付』をしてみたいものだなぁと愚考しつつ、時間になったので入場。

前日入りした成果といいますか、愚行の結果といいますか、それはもう最高のポジションにつかさせて頂きます。最前列中央目の前!
トークイベントステージ
↑席から見たステージ(これはイベント終了後)

ユニゾンさんも到着し一安心。
12時45分から本日の《つばさ》が放送され、見事な多部回りを披露されます。久々の多部ワールドなアクションシーンで皆ニヤニヤしていたのではないでしょうか(笑)

そして13時、のちょっと前。
ステージ右側にあるパーティションの下の隙間からゴールドのヒールが!
嗚呼、その向こうにあなたがいるのね・・・(*´ρ`*)

13時。
アンジェラ・アキさんの「愛の季節」が流れて、と思いきや、何故かモニターに《つばさ》第1回のタイトルが流れています。
音楽くらい用意してあげればいいと思うんですよね。NHKさん。川越市の方たちは大変でしょうね。よく頑張ってます。

そしていよいよ司会進行の方が多部さんと佐内さんを呼び、多部さん登場です!
テープカットの時とは違う衣装で、淡い水色で柄の入ったワンピースだったかな?それに白いカーディガン?を着て、ゴールドのヒールに胸元には缶バッジ。なぜ缶バッジなのかは後々の佐内さんとのトークで明らかになります。
髪型は後ろで束ねて耳を出したスタイル。なんていうんだろ、ポニーテールほどテールがしっかりしてないやつ。
んー、こういうの、ワカンネヽ(`Д´)ノ

ちなみにテープカットの時は、あまりにも遠かったので詳細は不明ですが、紺色のワンピースだったような気がします。

さて、先月のロケ以来という川越、そして《つばさ》5週目までが終わった事の感想から始まり、いつもの軽く緊張したテンションでスタートします。
が、佐内さんの独特なキャラクターの所為か何なのか、案外早い段階からリラックスしてきたようで、佐内さんのトーク中は会場をくまなく見渡したり、佐内さんの間の抜けた言葉に爆笑したり、クスクスしたりしてました。
何回かは目が合ったのですが、もう恥ずかしくて見れません!(*´ー`*)



では、少しトークの内容について。

この写真集は『つばさ』と『多部未華子』の中間を撮るといったコンセプトです。
佐内さんが多部さんにそんな感じに撮るからと伝えて「はい」と了解したにも関わらず、昼過ぎには「中間ってよくわからない」と言い出し、実は佐内さんもよく解ってなくて、だからこの写真集ができた、というのです。
ただその会話はただのキッカケに過ぎず、そういった共有できることが新しいものを生み出していく、例えば缶バッジとか、と。

でました缶バッジ。

シャッターを切るごとに佐内さんが多部さんに缶バッジをプレゼントしていたそうです。
佐内さんに「バッジほしいか?」と聞かれ、「そう聞かれたらほしいとしか言えないですよね」と半ば強引にプレゼントされる事になったみたいですが、『宝石のデザインのバッジ』に興味が湧いたようで、佐内さんからだけでなく、同時期にバッジにハマっていたスタイリストの伊賀大介さんからもバッジをもらっていたのです。
そして今回のトークイベントでも缶バッジをいくつか胸元につけてました。佐内さんもつけてました。
案外気に入っているのか、佐内さんに気を使ってつけているだけなのか。なんかどっちもありえそう・・・(笑)

1日通して撮影した写真集ですが、多部さんのお気に入りは『中華料理店で猫と一緒に写っている、今度はキン肉バスター』な写真、そして『東照宮の階段』での写真だと言います。
この『東照宮の階段』の写真で多部さんがはいているGパンにはペンギンの柄が入っているのですが、佐内さん的にはこのペンギンに『翔べないつばさ』というメッセージを込めているそうです。
多部さんもかなりお気に入りのペンギンだったのですが、さすがに『「翔べない」つばさ』というメッセージは良くない、翔んでいた方が良いという判断からタイトルバックには選ばれなかったとのこと。

ちなみに佐内さんもこの『東照宮の階段』の写真が気に入っている様子。
ただし着眼点が斜め上いっているんです。やっぱり変!と思わざるを得ないのですが、手すりが綺麗だとか、石段の色が良いとか、手すりが上に行けば行くほど輝きが増していくところが好きなんだそう。

挙句の果てには、川越にはぺちゃんこになって死んでいるカエルがまだいて、良いなぁ、可愛いなぁと。
左内さんのトークは飽きません(笑)
多部さんも本当に佐内さんのしゃべりにハマってました。

そして多部さん的写真集の見方について。
そのままの川越、そのままの多部さん、そのままのつばさをそのままの形で撮った写真なので、深く考えず、1枚の写真を自然のままに感じ取って見てほしいとのことです。

それから来週の《つばさ》についての見どころとして、ラジオでしゃべるよ、ローリーさんでるよ、くらいなもんでしたので、別に気分を害する事も無く無事トークイベントが終了しました。



しかし佐内さんが気になりすぎるイベントでした(笑)
常に足はクネクネしてるわ、下向きながらしゃべるわ、たまに身体ごと横向いたりするわ、不意打ちのようなトークで笑いと「?」を作り出すキャラクター、なんか憎めない感じの方です。
真っ黄色の下地に青色の稲妻マークが入った靴下、インパクト強でした(笑)


で、イベントが終わって外に出ます。
整理券配布の時に知り合った川越在住の、えーっと、なんて言えばいいのかな、バイシクル未華子さん(仮名)がいろいろと案内をしてくれることになったので、うちら夫婦、タマカンさん、ユニゾンさん、甘茶さん、バイシクル未華子さん(仮名)の6名は川越の町へと消えていくのでした。

#3へ続く。