FC2ブログ
2010年03月21日 (日) 00時52分 | Edit |
初日に続き2回目の《農業少女》を観てきました。

初日の時はまだ観ていない方が大半だったので記事は控えましたが、そろそろいいかな?
ということで、ネタバレ満載ですので、もし観ていない方がいましたらご注意下さい

皆さんもご存知の通り、最前列でも11番から20番でないと意味が無いと言っても過言ではありません。
そのおかげで、僕は今日の夜の部のA10席をゆずってもらうことができたのです。
多部さんの手垢のついたチラシは諦めました。
それでもA10という席は、まぁ最高に良席なわけで、最前列ド真ん中なわけで、冒頭部分で多部さんに「あっちが東京~」って言われながら指さされるわけで、おPも視界良好なわけで。
そんなわけで、今日はずっと多部さんだけを眺めてよう!と心に誓ってました。
そう。多部さんの汗水が染み込んだチラシは欲しかったけど、ただこの席に座れただけで本当に幸せだと思って。
それなのに、あんなハプニングがあるなんて・・・。


公演が始まり右側から多部さんが少しずつ近付いてきます。
もちろん僕の右に座っている方の目の前で止まりそのまま舞台へあがっていくので、「あと一歩!」と念じてみましたが想い届かず。そりゃそうか。演出だからね。はぁ。

まぁ気持ちを入れ替え、ずーっと多部さんを目で追っていきます。
隣の方と見ている方向があきらかに違うのには少し恥ずかしい思いもしましたが、そんな事では最高の瞬間を捉える事ができなくなってしまうので気にしないように気にしないように。

と、あまりにも多部さんの顔ばっかり眺めていたら、ダンスシーンで多部さんが片足をバッてあげる瞬間も顔をみていてしまい、目の前のおPを観損ねてしまいましたっ!なんてこった!!

そして中盤から多部さんの表情変化が激しくなり、多部さんの喜怒哀楽に僕の気持ちも同調してきた頃、それは起きました。
演出で天井から新聞が落ちてきてそれを多部さんが拾い、「ほら見て。新聞に載ってる。あのお米のことが。」というセリフを言うシーンがあるのですが、その落ちてくる新聞が舞台の上ではなく、僕の足元に落ちてきたのです。正確には足に当ったんですけど。
そしたら多部さんがすかさず舞台から降りてきて僕の足元の新聞を拾い、セリフを目の前で喋りつつも、笑顔で僕に向かって会釈したんですっ!!

えっえっ、えぇ~っ!うわあぁ~!!(゚Д゚*)

多部さんが僕だけに笑顔を、会釈をくれました!
目の前でですよ!去年の1月25日より近い距離でですよっ!!
ポ───(*^ρ^*)───ッ!!

案の定それからドキドキが止まらなくなり、多分ずっとニヤニヤしてたと思います(笑)
もうね、多部さんの多部未華粉が付いたチラシなんかどうでもよくなりましたね。
あ、いや、嘘。欲しいけど、それより貴重な体験をさせてもらったと。
うん、もうダメ。この記事かいててもニヤニヤが止まらない。ロマンティックが止まらない。

今日のあの一瞬は、一生忘れられないワンシーンとなりました。
なんだか本当にごめんなさい。と、謝ってしまいたくなるほどの超ハプニングでした!


一応予定としてはこれで僕の《農業少女》は最後なんですが・・・また観たいなぁ。
千秋楽、当日狙う?狙っちゃう?
いや、会社を休んでまで取れるかどうかあやしい千秋楽よりも、無難に27日の当日を狙う方がいいのか。
28日は無理っぽいので、行けるとしたら27日くらいですね。

千秋楽、千秋楽・・・うーん・・・観たいっ!!
もう今日のようなハプニングはなんでしょうが( ̄ー ̄)ニヤリッ
スポンサーサイト